読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

記ログ

萌えとか、萌えとか、疑問とか。

日本アカデミー賞を見ながら

久々の更新です。

 

日本アカデミー賞、豪華で大好きです。

 

でも、ノミネートされてる作品は、ほぼ観ていない…なぜなら、あまのじゃくだから。。

 

これから、ゆっくり観ていきたいと思える作品だらけで、『船を編む』や『そして、父になる』など、邦画もこれからはじっくり観ていきたいと思います。絶対、いいはずだし。

 

単館ばかりではなくね。

 

やはり、豪華な出演者、セット、脇を固める役者さんなど、メジャーならではの良さはそこにはあるのであって、単館は単館の、メジャーはメジャーのいいところはそこにはあって、サブカル好きとは言え、そこは共存していくことに単館、メジャーの補うべきところがそこにあると思います。

 

松田龍平さんが笑ってる!

おめでとうございます、最優秀主演男優賞

 

ずっと、父親の影が後ろにあるのは、本人が一番大変とは思うけど、それを上手く吸収しつつ、自分を表現してるところが、年齢を重ねるうちにどんどん素敵になっているように感じました(誰やねん、私)。

 

単館映画も大好きですが、日本を代表する役者達が出演するメジャーな映画もこれからはどんどん観ていきたいと心に誓う、日本アカデミー賞