読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

記ログ

萌えとか、萌えとか、疑問とか。

沼のその先の先 Part1

ごぶさたしております。


ブログって、書き続けることに意味があるんですよね。
なかなか、書けないけど、少しずつでも前に進むために。一行一行書いていきます。自分の記憶と記録のために。


とりま、この間に、RUN&GUN公演2015『三人組』大阪公演@道頓堀ZAZA HOUSEへ行ってきました。しかも、昼夜。

この感想だけに、一ページ使おうかと思ったのですが、なんか、時間が経ちすぎて、しかも、沈んではいけないと思っていた蓋をしてた沼を開けてしまったばっかりにすっかり落ちてしまって、なんでこうなったかも、もはや自分でも混乱しており、よくわからない状態の今日この頃です。楽しいんですけどね。


東京公演も終わったので、ネタバレしてもいいのかな。

とりあえず、RUN&GUNは多才だなと。

遠い昔に2丁目に通ったことのノスタルジーに浸りながら、舞台を観させていただきました。

いやー、なんか、ほっこりしたな。

特に、小さい劇場とかは相手の熱量が伝わってくるので、本来は苦手なんですが(前にも書きましたが、むず痒い気持ちになってしまうんです)、それも感じさせず楽しく考えられた舞台内容でした。

特に、雄也くんが考えたコントのはじめの導入部分の雄也くんにピンスポが当たるところは、それまで結構笑いが多かったから、急なシリアスな演技に、ちょっと引き込まれてビビりました。これが役者の顔の雄也くんなのねと。ほんと、ここは引き込まれました。

彬くんも、振り幅大きく可愛い彬くんがんばってました。

確かに、彬くんは、電王の時(特ヲタなので)はけっこー印象的な役だったし、スタイルいいから絞れば絞るほどステキになりそうな気がするんだけど、絞れることを祈ってます。

幸ちゃんは、安定で可愛いカッコ良くって、眼福でした。歌も聴けたし。




で、表題ですよ。

もうねー、この俳優沼、次から次へと現れる刺客が…

もちろん、ヲタなんでそこそこ存在は存じ上げてる方々がいる訳ですよ。

ヲタセンサーが微弱な電波を感じてるんですが、あえてそこは、感じない振りをしてました。

だって、この沼、開けたら最後、沈むのは避けられないと少なからず自分自身悟っていたと思います、本能的に。

でもね…でもね…とうとう、開けてしまったんですよ…


この話、ながーーーーーくなりそうなので、Part2に分けることにしました^^;


もちろん、楽しいんですよ。

沼…

コワイ…



でも、楽しい…








『VIVID CONTACT -The just-』@中野ザ・ポケット

新年早々に行ってきましたー。

ギリギリまで悩んでたのですが、日程調整もでき、もうこれは行くしかない!とクリスマスあたりに心に決め、弾丸旅の手配をしました。

 

正直、以前から書いているかとは思うのですが、舞台(イケメンとカテゴライズされている方々が出ているもの)には、あまりいい思い出がなくというかその1回でもう舞台には二度と手を出すまいと思っていたのですが、米原くんの作品を漁っていくと、やはり役者さんだし生の演技を観なくて何を観ると。

で、2個ぐらい前の記事で匂わせていたことを。

いろいろ漁った中で、作品としてマグダラなマリアが個人的にはとてもハマり、もちろんこの作品にもイケメンと称される方々が出ている訳ですが、その中でキラリと光る方が。

 

もっくんこと太田基裕くんです。

アンナ・エーデルマンさんがすごかった。エスメラスダさんもすごかったけど。もちろん、これは、作品自体もとてもステキなものだったのですが。

あー、頑なに心閉ざしているといい作品までも出会えなくなると。それは、生きててもったいない。

DVDで観ただけでも、よかったので、何事も生のがいいに決まってます。

 

この方の話は、また、次回にでも。

 

まぁ、そんなこんながありまして、米原くん、太田くん、加藤くんが出てる舞台、ちょっと不安だけど、ここは少し心の扉を開けて、思い切って観に行ってから判断してもいいのではないか、舞台トラウマを乗り越えるチャンスがやってきたと思い、弾丸決めました。

 

結果、行ってよかったです。

 

本当に、舞台でこんなにほっこりできるんだと自分でもびっくりしました。

 

舞台、特に小劇場の舞台は、昔友達が出ているのを観に行って、むずがゆくてあまりにも集中できずに終わった思い出があり、今回もその時のような不安が70%期待が30%な割合で席に座りました。

あまり期待しすぎるとダメだった時のショックがこわいので自分的期待度は下げ気味に行きました。ごめんね、柏さん。

 

ギリギリにとったので、後方の方だったのですが、リハビリにはこの場所がちょうど良かったです。

前の方だと、それこそ作品を観るというより個の人間が気になってきっとちゃんと向き合って観れなかった気がする。

 

舞台って、生な分、役者さんのエネルギーが直にこちらに伝わってくるので、こちら側のモチベーション次第でその舞台の良さも変わってくる気がするんです。

 

内容は、いろんな方々がきっと書かれてると思うので、私は個人的なまるっとした感想で。


お目当ての米原幸佑くんですが、いつもの笑顔はとってもかわいく癒されますが、役柄としては、笑顔は封印してのお姿が何より彼の美しいお顔が映えるのではないかと、改めて生で観て思いました。苦悩する姿に萌えるこじれた私のあくまでも超個人的感想なので、お許しください。 ベルボーイの制服姿も凛々しく男前でした。


そして、太田基裕くん。この人すごい。舞台頭から出てくるのですが、始め、誰かわからなかった。この舞台、女の人出てたっけ??ってなるぐらい、もっくんって確認するのに1分ぐらいかかった。そのぐらい美しいかったです。それぞれのTwitterやBlogで皆さん確認済みとは思いますが、生で観るもっくんは、動きがしなやかで、私を含めその辺の女子より女子でした。なんなんだ?この人?ってこれが役にハマるってことなのか、と。他の作品もいろいろ漁って、いろんなお仕事をされているようで、それが肥やしになってるのかなと。男っぽい役もできて、女装も完璧って、あと何残ってるの?犬もやってるみたいだし笑

これからの活躍に楽しみな俳優沼がまた一つ。。

これ、歩けば(漁れば)歩く(漁る)ほど、ドツボパターンにハマった予感がする今日この頃です。


でも、やっぱりこの作品に欠かせない作演出の柏さん。

ほんと、舞台は、大きな物(入れていいのかわからないけど、歌舞伎とか新感線とか)しか最近は観てなかったので、ほぼほぼ、人生初(例のトラウマはノーカウント)といっていいぐらいの舞台でした。

舞台って、ハマってる人が多いのや、やってる人間もいるので魅力があるのはわかってはいたのですが、個人的には何がいいのかまだわかり切れてない部分がありました。

この舞台を観て、私は初日に観させていただいたのですが、何度も何度も行く人気持ちがわかりました。

舞台は、生ものなので、日々成長していくのが面白いのだなと。

もちろん、やってるのが人間だから、日に日に変わっていくだろうし、同じ事をやっていても、前日とは違うわけで、それの魅力も十二分にあるのかなと。

内容がつまらなければ、それも始まらない訳です。

柏さん演じるマリカ、はじめ観た時は、遠い席で引きだったので、ただのおっさんの女装(ごめんなさい)にしか見えなかったのですが、だんだんかわいく愛おしく観えて、役者さんのスゴさを肌で感じさせていただきました。

Twitterなどで観るお写真はほんとかわいいギャルでした笑。


いろいろなカタチの役者さんたちが集まっていい物を作りたいという気持ちが伝わり演じられる姿を観られて、改めて、弾丸で行ってよかったなと。

もちろん、初めはキャスト目当てで観に行ったのですが、金だけ取られるような舞台はもうこりごりと不安でいっぱいな私の想いをすべて払拭してくれて、これからもこんなステキな舞台があるなら、ちゃんと向き合って観て行きたいなと思いました。

他の方の感想もいっぱいあるのですが、今回は息切れです汗。ごめんなさい。

皆さん本当にステキな役者さんでした。



舞台トラウマからの脱出、無事に成功いたしました。


ここからは、また、深い沼が始まるのですね…


えらいものにハマった予感。

楽しいんですけどね。


長々と失礼いたしましたー。


ヒビコン本当にいい作品でした^ ^





あけましておめでとうございます。

このブログの使い方を瞑想した2014年でしたが、2015年は、もうちょっと上手く活用できればと思います。

今年もよろしくお願いします。

 

何はともあれ、『どうしても触れたくない』に出会ってしまってからの、お久しぶりの俳優沼に、おそるおそる足を踏み入れつつ、その沼は、底なし沼だった。

もちろん、何度も何度も経験をしてるので、この沼が自分にとってハマる沼がいかに危険であることは、百も承知。

あー でも、ハマってしまうんですよね、やっぱり。

 

楽しいからいいんですけどねー。(もう、自分にそう言い聞かせるしかない)

 

そんなこんなで、ブログの更新もなんだかわからない方向に行きつつも、2015年は萌えに正直に邁進していく次第でございます。

 

もちろん、米原くんにハマっているわけですが、この沼のコワイところは、まず、彼の出演作品を遡る、YouTubeで動画を漁る、更に深みにハマる。

でも、大事なのは、もちろん顔から入るのは当たり前なのですが、顔から入りつつも、役から抜けた時のキャラクターやしゃべり方とか気になります。で、好みに合わなければそのままフェイドアウト。

ばっちりハマれば、底なし沼へ。今回は、こちら。

楽しいですね〜

 

で、ここからですよ、もちろんちょっと方向は違えど、若手イケメン枠で売っている彼なので、他の若手もわらわら出ている訳ですよ。。

 

ただ、この内容は長くなりそうなので、次回に。

 

 

舞台には、手は出すまいと心に誓って来ていたのですが、それさえも乗り越えるほどのハマり具合。

以前の反省を顧みず、もう一度チャレンジしようとしています。

それを観てから、自分で判断しようかと思います。(ちょっと不安ですが)

 

 

LIVEは、彼に関わらず大好きなので、もちろんあれば行きたいし、ヨースケコースケの活動は、全力で応援して行きたいと思います。

 

今年も、細々と更新できたらと思いますので、何卒よろしくお願いします。

 

 

IT'S MY WORLD

IT'S MY WORLD

 

 

 

 

 

『女子ーズ』

劇場に行きたかったのですが、タイミングが合わずDVDが出てたので、早速観ました。

安定の福田色が全面に出てた映画でした。

特に、観後の気持ちもふつーというか、かわいい女の子が観れたなって言う感想です。ディスってません、あくまでも。

特に、個人的に山本美月ちゃん推しなのですが、この作品では、有村架純ちゃんがキラキラ輝いてましたねー。

美月ちゃんは、安定のかわいさ!
そこにいるだけで、かわいい←だいぶ気持ち悪いですがご了承願います。

架純ちゃんのあの役、彼女のかわいさを前面に押し出してて、前からかわいいですが、更にパワーアップしてかわいかったです。

かわいいかわいいとしか感想ないのかっとツッコミを入れたくなるところてますが、ただ、ただ、福田作品の中にかわいい女の子を入れて作るとこうなるのかと、やはり、アクの強い山田孝之さんとか、顔の濃いい柳楽優弥さんとか、がグイッと画面をひっぱってくれると良さがわかりやすいのかな。

桐谷美玲ちゃんは、がんばってましたね、変な雄叫びとかあげるのなかなかないもんね、キャラクターとして。

かわいい女の子がかわいく、しかも、戦隊をしてくれてるというだけで、こちらとしては視福なので、おっけーかと。

要所要所に出てくる濃い方々を観るのも楽しめました。「女子ーズ」Blu-ray 本気版 初回生産限定版

『アードウルフ』

今日発売の米原幸佑くんの新曲。

 

今の時代、音源ってiTunesなんですよね。

私的には、円盤が好きなんですが、やはりいろいろな大人の事情もあり、まずはダウンロードの功績からなのかな。

確かに、私も音源を入れてしまえば、そこに積まれてしまうのが関の山なんですが。

でもでも、やっぱり、ブックレットとか、まぁ、日本のは正方形のサイズなのでちょっと寂しいですが、それでも写真や歌詞とかが手元で見られるのは、うれしいですよね。

なにはともあれ、是非、多くの方の耳に届き、想いが伝わる事を祈って。

 

 

いやー、しかし、ハマってるなぁ、私。楽しいけど。

 

なかなか、舞台とかは飛んでいけないけど、陰ながら応援してます^^

 

 

アードウルフ

アードウルフ

 

沼のその先。

絶賛ハマり中の私です。

コワイ。俳優沼。米原幸佑くん。

禁断の舞台に手を出すのか⁈と自分自身に問いかけながら、日々過ごしておりましたら、CLUB SLAZY3のニコニコ配信のお知らせが!

ありがとう。文明の発達よ。

いやー、さすがに、ドルヲタを繰り返し生きてると、ざくざく漁るのはいいものの、早々、遡ってのDVDとかを買う勇気はないのです。高いしね。。

数々の歴史が引き出しに山積みにされてるのを知ってるのは、何を隠そうこの私が一番理解しているのです。

もちろん、お手頃に手に入れれるものは入れますよ、全力で。

がしかし、舞台のDVDって高いんですね。
昔、新感線のも欲しかったけど、なかなか高くて手が出せなかった。

もちろん、ホイホイ買っちゃうやつもあるんですが。


何はともあれ、お試しできる!なんて、ほんと、ありがたい。

私、こちら系のお友達がほぼ皆無な為、全て自力でいくしかないのです。

以前にハマった俳優沼の時に、遠征までした舞台がかなりのお粗末なもので、本当にもう、こういうのには絶対手はださないぞ、と心に誓ったので自分自身との戦いですよ。

大丈夫なのか、私。後悔しないのか。

なんで、イケメン舞台と言われるものにかなりのハードルがそびえ立ってたわけですよ。

でもね、やっぱり、観たいんですよ。本来なら、生で観るのが一番なのは、ドルヲタ歴の長い私は、十二分に分かっているわけです。

どれだけ、10月飛んで行こうとおもったか。
苦渋の決断でガマン。

でも、DVDは買おうかな…と、そっと心に誓っておりました。

なんの話かわからなくなってきた。。

すいません、SLAZY3の配信の話だった。

興奮しすぎて、混乱しちゃった。

まさか、ネチケを買うことになるなんて。
基本、課金しません。の私が、買っちゃいましたー。


満を持して、観せていただきました!

いやー、素晴らしかった。

舞台得意ではない私も、歌と踊りが大好きなので、演劇がどうしてもまだまだ未熟なんですが、この舞台は、歌と踊りがメインなので、観れましたって言うか、もちろん、ハマりました。

日本の若手俳優さんほんとわからないのですが、みんな歌上手いんですね。
あれって思う人誰もいなかった。
他の舞台観てないので、比較対象がないのですが。

兎にも角にも、DVDは買いってことで。

4月のLIVEは行けたらいいなぁ。


いろいろな顔を見せてくれる、米原くんにしばらくは抜けれそうにありません。



余談ですが、

あの身長スゴい武器になると思うなぁ。

あの顔面偏差値の高さにあの身長、ライダーのオーディションとか受けて欲しいなぁ。
細川さんみたく、少し名前がある子が抜擢っていうのも見てみたい。

いじられちゃうけど、あれはあれで、かなりありやと思うんだけど。

全くいじらないってもの手よね。

しかも、小ちゃいけど、キャラがかわいい系ではないのでそこもいい!


楽しみが増えた。けど、沼はコワイ。








一寸先は、沼。

『どうしても触れたくない』でのアクセスが高く、この作品の人気に日々驚いております。

 

いかがお過ごしでしょうか。

 

映画も感想書いてないのもちらほらあり、なんかこのブログに関して言えば、若干、映画ブログよりになっているのも致し方ないなと思い、このまま、映画ブログにしようかと悩みつつ、ヲタ趣味の方にもシフトチェンジしていこうかと思う次第であります。

 

この夏は『どうしても触れたくない』に振り回されてた訳なんですが、さらに、この映画で俳優沼にもどっぷり浸かりつつ、日々過ごしております。

 

私、誰とは言いませんが、過去に何度か、某俳優沼に2、3度ハマっておりまして、過ちとまではいかないものの、大変なのは重々わかっていましたので、ここでハマる訳にはいかぬ。と肝に銘じておりました。

 

しかし、ハマる時はハマる。誰も止めてはくれないのです、自分自身でさえも。

 

嶋くん役の米原くん、いやー、ハマった。

なんで、こんなダイヤモンドに気づかなかったの?私?って、自問自答しましたもん。

 

確かに、この映画の写真を見て、こんな子どこにいたの?ってぐらい目を奪われまして、期待度MAX。

 

お相手の谷口さんは以前より存知あげてた(当方、特ヲタなんです)ので、そーなのか、彼がするのかとなんかちょっと不思議な感じがしてました。

 

こちら系の映画かなり観ましたが、大人の男が出てるイメージがなく、学園ものとか大学生とかのシチュエーションが多いからか、リーマンものもあったけど、多分若い方がやってて、もうちょっと疲れた感が欲しかったなとの印象で、で、谷口さん、何歳だっけっと思って調べた気がする。キャスト発表になってから。

それぐらい、このジャンルの映画は、若手の子が出るものと自分でもなってました。

しかも、某ミュージカル方面に全く知識がないため、キャストの子がほとんどわからない。

ただ、特ヲタのため、そっち方面には強いです。←どうでもいい情報ですが。

なので、谷口さんの方は存じ上げてました。

 

なんか谷口さんの事に逸れたのですが、この映画をここまで人気の映画にしたのは、やはりキャスティングなのではないかと。

 

もともと原作ファンからの私にとって、キャスティング次第というか、ここで決まるといっても過言ではないぐらい重要なポイントだと思うのです。

特に、アニメとか髪の色とかも変える事なく、至って普通のごくごく普通の日常の生活を切り取った作品。だからこそ、泣けるんですが。

 

で、やっぱり、演技力がすばらしく、この手の映画ってちょっとこっちが恥ずかしくなるような演技の俳優さんとかだとちょっと入り込めないような空気とかがあって、題材が題材だけあって、俳優さんも大変だとは思うのですが、ここはいろんな感情を振り切って演じてくれたお二人の好演にスタンディングオベーションをしたいぐらいした。(初見の時は、ポカーンとしたくせに)

 

DVDの売上も好調そうで、この映画の人気っぷりがうれしいかぎりです。

 

でまあ、本題の沼ですよ、沼。

 

基本、ミーハー体質の私。(実は、ほかの沼に目下ハマっています)

もう、日本の若手俳優沼はハマるまい。と心に誓ってはいないものの、ドラマとか映画も軽く目を細くして薄目で見てました。見つけちゃうとハマるのは、重々わかっています。長く自分と付き合っているので、だいぶわかってきてます。遅っ!

 

ハマっちゃいました、テへペロ。

 

そこは、もう長年積み重ねてきた経験がここぞとばかりに発揮され、漁る漁る、過去に遡る遡る。

 

多分、過去の記憶から遡ると絶対擦ってる私。なんで、この輝きに気づかなかったのか?

擦ってはいたんですよ。何度か。

過去にハマった俳優沼により、ココア男の存在も知ってたし、イケメンデルの法則のチラっと擦ってる。

なんで、こぼれ落ちたんだろう??と不思議に思い、ちょっと自分自身も同時に振り返ってみたら、米原くん、基本ベースは(すべてを漁った訳ではないのですが)、嶋くんまで、元気系の役が多い気が。。

個人的趣味として、元気系よりは若干病み系好きなため、ざるからこぼれ落ちてたのかなと。

ただ、自分が歳とったのか、なんなのか。

 

で、漁った結果、落ちました。恥ずかしながら。

 

もちろん、彼自身元気系かもなんですが、根っこがちょっとネガが入ってる感じを、マイセンサーがキャッチしまして、ズボっとね。本当の中身は、違うかもしれませんが、恋は盲目っていうじゃないですか。

本当の姿は、3次元の彼でさえもこっち側では2次元(たまに3次元)なので、妄想、偶像、いいんです!

ドルヲタなんで、この辺、非常に敏感です。

裏側(素)の姿は、本当に接しない限りわからないのですから。

 

なんか話が逸れましたが、こんなに長く何を語りたかったのか、ただ、米原くんにハマったって話なだけなのに。

 

長々とすいません。

 

ただ、ヲタなんで、暫くは、沼にお付き合い願います。

 

もちろん、ドルヲタのポテンシャルは高いので行動力は人3倍ぐらいはありますので、

ハマる早々生で拝める!と、シネヌーボーに舞台挨拶に来られるとのことでしたので、

もちろん行ってきました。

かれこれ、2ヶ月も前の話ですが、ぼちぼち更新していけるかな…

 

もちろん、ヨースケコースケも行かせて頂きました^^

 

はぁ、結局!(谷口さん演じる外川さん風で)沼にハマったっていうただの告白でした。

 

 

しかし、漁れば漁るほど、かわいいなぁ。(気持ち悪くってすいません)