読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

記ログ

萌えとか、萌えとか、疑問とか。

『宇田川町で待っててよ。』

ずいぶん前に書いたのですが、少し修正して。

 

といいますのも、この映画、初見で観た段階では、とても爽やかな青春映画もちろん腐の要素もちゃんと入ってるいい映画と感想だったのですが、DVDが出て、何度も見返すとなんともスルメ映画決定の自分BL映画至上上位にランクインする作品でした。

 

ここからは、観た当初の感想です。

↓ではどうぞ。

 

 

もちろん観てきました(笑)。

 

いつものごとく、ネタバレいやな方は×ボタンクリックでお願いします。

 

 

まずは、実写化の情報が来たときに、またか…。流行りってすごいな。。

正直、この感想でした。

もちろん、腐◯子なので触手が動かないことはないのですが、なんでもかんでも実写化すればいいと思われてるのか、とりあえず作るみたいなのにはあまり好意的ではないのです、よ。ほんまに。

そんなこんなで、自分の目で確かめないとなと。

ただ、今まで培ったものもあり、予告や宣伝段階や作り手でもある程度の善し悪しは肌で感じるようになってきました。

そこで、期待を上回る出来のものだと、本当に観てよかった、作ってくれてありがとう。と心より思います。

 前置きはこれまでにして。

 

作ってくれてありがとうございます!

DVD化希望です!

 

なんか、まんまと大人(自分も充分大人)の手の上で転がさてますね。

でも、いーんです!

転がされよーが、なんだろうが、良ければなんでも、いーんです!

荒ぶりましたね、すいません。

冷静さを取り戻して、本題に戻ります。

同時期に『セブンデイズ』があったから、どうしても比べられるのはしょうがないとは思うのです。キャスティングや原作や監督などもろもろのものが。

事実、私もキャストのお二人のお顔は知りませんでした。

百瀬役の黒羽くんは名前が特徴的なこともあって名前だけは存じ上げてました。

最近、情報などでよく見かけるお名前だったので。

でも、あまり情報入れていくのは好きではないので、レビューも漁らず(チラチラ目に入ってくるのも閉じながら)、予告のみで挑ませていただきました。

 

いや〜、青春映画を観た清々しい気持ちで映画館(視聴覚室ですけどね。 ディスってませんよ笑)を後にしました。

 

細かくネタバレはあまり得意ではないので、萌えツボをさらっといきたいと思います。

 

まず、原作の秀良子さんの絵的ににキラキラのイケメンとかではない百瀬がなんだか、キラキラのイケメンに観えて、まぁ、黒羽くんの元来のポテンシャルの高いのが隠しきれてないのでしょうが、彼の百瀬は、真っ直ぐで観てるこっちもなんだかあったかくなるような爽やか百瀬でした。始終、ニヤニヤしてました←キモいですね。私。

特に、予告で流れてる『俺のために着てよ!』ってとこがいいんですよー。黒羽くん、ちょっと声が高いんですよね。そこがまた萌えポイントで、声が高いのがまた一途な感じでセリフと相まって、おばはんキュンとしちゃいましたよ。←2回目、キモいですね。私。

しかも、八代役の子の方が声が低いからさらに、その声の違いがより良さを増してくれて、相乗効果でよかったです。

 

 

 

途中ですが、熱く想い語ってます(笑)

 

ここから、スルメ映画の何回も観た感想を。

 

当初から、爽やかさや若さがとても好感が持てて、もちろん今までの他の作品もいいのですが、高校生の制服はやはり若さが必要かなと。どうしても、これは隠しきれない年齢の壁があると思うのですよ。もちろん、あくまでも超超個人的意見なので、ご了承願います。

 

2人の演技はもちろん、ここでもキスシーンに置ける重要なカメラ割りですよ!!

ありがとう、アップ最高!

 

最後のシーンなんて、拍手喝采ものですよ!←あくまでも超超個人的意見です。

 

肌色のシーンなんて正直そんなにいらないんですよ。

 

美しい横顔のアップが何より大好物なんです。変/態でもいーんです。

 

こういった作品、もちろん出る選択がいいか悪いかはあるとは思いますが、工くんのご活躍は本当に感慨深いですが、でも、きっと何度観ても素敵な映画なので、こんな素敵な作品を世に出してくれて、ありがとうございます。と、関わったすべての方に言いたい。めっちゃ、遅ればせながらも。。

 

 

 

 ホストちゃんで見た生の麻璃央くんは、破壊力のある爽やかイケメンでした^^