読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

記ログ

萌えとか、萌えとか、疑問とか。

沼のその先に行く前に

沼のその先に行く前に、自分の記録の為に余談を。

 

今まで、いろいろな沼にハマり続けてはいるのですが、それぞれに世界は違えど、時々、ふと考えることがあります。

 

沼は、個人的には3次元沼が多いので、2次元のことはよくわからないのですが、3次元の場合、もちろん実在する存在なわけで、観に(会いに)行こうと思えば、時間とお金とチャンスと気力(これはなくても好きな時点で自ずと発生します)があれば、実際にこの目で、存在を確認する事ができるんですよ。

当たり前の話なんですが、で、何が言いたいかと言いますと、私にとって、沼とは、もちろん会えるにこした事はないのですが、3次元の存在であっても、そこはリアルではないと言うか、リアルにならないぐらいの距離がちょうどいいかなと。

 

本当に存在するのかしら♡ぐらいで画面越しに観てるのが楽しい。で、時々、舞台で存在を確認して、肉眼で観れたー♡生きてたー♡みたいな感じで。(あいかわらず、気持ち悪いですね、私)

 

もちろん、ファンの方々それぞれ好みもありますので、私個人に感して言えばです、超個人的見解です。あくまでも。ご了承願います。

 

 

 

ただ、応援は全力でしたいので、行ける時間とお金に問題がなければできる限り応援したいなとは思ってます。

 

ただし、ん?これはっと疑問に思うものまでは手は出すまいと。経験上。

 

ふと、日頃思っていた事をちょっと書き留めておきたいと思いまして、ただの戯れ言ですので、お目汚し失礼致しました。

 

 

 

 

とはいえ、沼の深さに正直と惑っている、今日この頃です。