読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

記ログ

萌えとか、萌えとか、疑問とか。

『VIVID CONTACT -The just-』@中野ザ・ポケット

新年早々に行ってきましたー。

ギリギリまで悩んでたのですが、日程調整もでき、もうこれは行くしかない!とクリスマスあたりに心に決め、弾丸旅の手配をしました。

 

正直、以前から書いているかとは思うのですが、舞台(イケメンとカテゴライズされている方々が出ているもの)には、あまりいい思い出がなくというかその1回でもう舞台には二度と手を出すまいと思っていたのですが、米原くんの作品を漁っていくと、やはり役者さんだし生の演技を観なくて何を観ると。

で、2個ぐらい前の記事で匂わせていたことを。

いろいろ漁った中で、作品としてマグダラなマリアが個人的にはとてもハマり、もちろんこの作品にもイケメンと称される方々が出ている訳ですが、その中でキラリと光る方が。

 

もっくんこと太田基裕くんです。

アンナ・エーデルマンさんがすごかった。エスメラスダさんもすごかったけど。もちろん、これは、作品自体もとてもステキなものだったのですが。

あー、頑なに心閉ざしているといい作品までも出会えなくなると。それは、生きててもったいない。

DVDで観ただけでも、よかったので、何事も生のがいいに決まってます。

 

この方の話は、また、次回にでも。

 

まぁ、そんなこんながありまして、米原くん、太田くん、加藤くんが出てる舞台、ちょっと不安だけど、ここは少し心の扉を開けて、思い切って観に行ってから判断してもいいのではないか、舞台トラウマを乗り越えるチャンスがやってきたと思い、弾丸決めました。

 

結果、行ってよかったです。

 

本当に、舞台でこんなにほっこりできるんだと自分でもびっくりしました。

 

舞台、特に小劇場の舞台は、昔友達が出ているのを観に行って、むずがゆくてあまりにも集中できずに終わった思い出があり、今回もその時のような不安が70%期待が30%な割合で席に座りました。

あまり期待しすぎるとダメだった時のショックがこわいので自分的期待度は下げ気味に行きました。ごめんね、柏さん。

 

ギリギリにとったので、後方の方だったのですが、リハビリにはこの場所がちょうど良かったです。

前の方だと、それこそ作品を観るというより個の人間が気になってきっとちゃんと向き合って観れなかった気がする。

 

舞台って、生な分、役者さんのエネルギーが直にこちらに伝わってくるので、こちら側のモチベーション次第でその舞台の良さも変わってくる気がするんです。

 

内容は、いろんな方々がきっと書かれてると思うので、私は個人的なまるっとした感想で。


お目当ての米原幸佑くんですが、いつもの笑顔はとってもかわいく癒されますが、役柄としては、笑顔は封印してのお姿が何より彼の美しいお顔が映えるのではないかと、改めて生で観て思いました。苦悩する姿に萌えるこじれた私のあくまでも超個人的感想なので、お許しください。 ベルボーイの制服姿も凛々しく男前でした。


そして、太田基裕くん。この人すごい。舞台頭から出てくるのですが、始め、誰かわからなかった。この舞台、女の人出てたっけ??ってなるぐらい、もっくんって確認するのに1分ぐらいかかった。そのぐらい美しいかったです。それぞれのTwitterやBlogで皆さん確認済みとは思いますが、生で観るもっくんは、動きがしなやかで、私を含めその辺の女子より女子でした。なんなんだ?この人?ってこれが役にハマるってことなのか、と。他の作品もいろいろ漁って、いろんなお仕事をされているようで、それが肥やしになってるのかなと。男っぽい役もできて、女装も完璧って、あと何残ってるの?犬もやってるみたいだし笑

これからの活躍に楽しみな俳優沼がまた一つ。。

これ、歩けば(漁れば)歩く(漁る)ほど、ドツボパターンにハマった予感がする今日この頃です。


でも、やっぱりこの作品に欠かせない作演出の柏さん。

ほんと、舞台は、大きな物(入れていいのかわからないけど、歌舞伎とか新感線とか)しか最近は観てなかったので、ほぼほぼ、人生初(例のトラウマはノーカウント)といっていいぐらいの舞台でした。

舞台って、ハマってる人が多いのや、やってる人間もいるので魅力があるのはわかってはいたのですが、個人的には何がいいのかまだわかり切れてない部分がありました。

この舞台を観て、私は初日に観させていただいたのですが、何度も何度も行く人気持ちがわかりました。

舞台は、生ものなので、日々成長していくのが面白いのだなと。

もちろん、やってるのが人間だから、日に日に変わっていくだろうし、同じ事をやっていても、前日とは違うわけで、それの魅力も十二分にあるのかなと。

内容がつまらなければ、それも始まらない訳です。

柏さん演じるマリカ、はじめ観た時は、遠い席で引きだったので、ただのおっさんの女装(ごめんなさい)にしか見えなかったのですが、だんだんかわいく愛おしく観えて、役者さんのスゴさを肌で感じさせていただきました。

Twitterなどで観るお写真はほんとかわいいギャルでした笑。


いろいろなカタチの役者さんたちが集まっていい物を作りたいという気持ちが伝わり演じられる姿を観られて、改めて、弾丸で行ってよかったなと。

もちろん、初めはキャスト目当てで観に行ったのですが、金だけ取られるような舞台はもうこりごりと不安でいっぱいな私の想いをすべて払拭してくれて、これからもこんなステキな舞台があるなら、ちゃんと向き合って観て行きたいなと思いました。

他の方の感想もいっぱいあるのですが、今回は息切れです汗。ごめんなさい。

皆さん本当にステキな役者さんでした。



舞台トラウマからの脱出、無事に成功いたしました。


ここからは、また、深い沼が始まるのですね…


えらいものにハマった予感。

楽しいんですけどね。


長々と失礼いたしましたー。


ヒビコン本当にいい作品でした^ ^