読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

記ログ

萌えとか、萌えとか、疑問とか。

『ぼんとリンちゃん』

予告で気になり、若干、ぼーっとしてましたが、ふと気になり、観たいと思った時に行くべと思い、行って来ましたー。


当方、特オタなので、主役の高杉君は存じあげてました。が、今期、鎧武こぼれ落ちてしまい、ふわっとしか内容は把握してませんで、ただ、出演者はだいたい知ってました。その中でも、気になる存在ではありました。特に回を追うごとに。

映画からズレた…




でも、この映画の萌えポイントととして、高杉真宙くんのこの少年期と青年期の貴重な瞬間を映像として残したことに、最大の萌えがあると思いました。

だいぶ、気持ち悪いですね(;´Д`A

もうちょっと、がまんしてもらって、萌えポイントを。

ネタばれほどにはいかないとは思いますが、気になる方は、そっとバツボタンか戻るでお願いします。




少年期と青年期の間の貴重な時間の萌えポイントは、やっぱり、大人のオトコになる前の身体つきがヤバいっす。

衣装も完璧で、もふもふセーターからの鎖骨からの肩甲骨とか、ガリガリの華奢具合とかよかったですねー。

いやー、キモいですねー、私。

あと、長い指の華奢な手ですね。

いやー、またまた、キモいな、私。



見始めは、長ゼリフがちょっと睡魔を呼び寄せたりしてましたけど、終盤にかけて、ちょっとうるってきたり、考えさせることもありで、最後は、なんかいろいろ考えさせられたけど、ほっこり暖かい映画だなっと感じました。

しかし、ぼんちゃんの子のセリフ量ハンパなくって、冷静に観ると、よくぞここまでしゃべれたなと。

小説読んで、観れたらもう一度改めて観たいと思いました。

みゆちゃんとの言い争うセリフが、要所要所、記憶に残るセリフでとても心に刺さりましたね。





余談ですが、『どうしても触れたくない』の人気に、若干ビビっております。

とてもいい作品なので、原作もいいし、人気あるのはわかるのですが、DVDオリコン1位とか(おめでとうございます!)すごすぎる気が。

腐女子以外もちろん、役者さんのファンの方だけでここまでいくんですかね?

今回は、腐女子の触手が大きく動いたのかな?

それとも、腐女子以外の女子とかも購入まで行くのかな?

気になって仕方ありません。

何はともあれ、いいものは評価されるということですよね。

時代は変わったんだなぁ。しみじみ。


と、なんだか腐ノスタルジーに浸らざるを得ない気持ちになりました。