読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

記ログ

萌えとか、萌えとか、疑問とか。

『どうしても触れたくない』ちょっと続き

結局、ハマってます。

どっぷりと。

しかも、ブログのアクセス数もなんか上がってて、この作品の人気がこんなところにまで来てるのかと、実感せざるを得ない状況です。


あ、ネタばれを含みますので、楽しみにされてる方は、そっと戻るか×ボタンでお願いします。



結局!←外川さんのこのセリフ何回観てもドキッとするぐらい、耳に残ります。

しかも、くるぞって分かってても、結局!で、ビクッとなっちゃう。なんでだろ?
ここだけ、声でかいんか?


結局!4回行きました。(舞台挨拶含めて)


いやー、ハマりましたねー。

これだけ観ると、初見では拾いきれなかった私のしょーもない萌えツボも少なからず拾えたわけですよ。


で、萌えツボですが、まぁ、いろいろ拾えたんですけど、最大の萌えツボは、嶋君がドギマギして、口元に手をやるシーンです!

ここ、マジ、萌えた!

一回観ただけでは拾えなかった。

やはり、何回か観てのココです。

後はもろもろあるんですが、肌色のシーンの手が恋人つなぎになるところとか、心を許した嶋君のびみょーな微笑みとか。

もう、拾うの大変だった。コンマ一秒の瞬間を萌えツボのために瞬きすら出来ませんよ。


ありがたいことに、この映画にハマったおかげで、京都の立誠シネマにも足を運び、単館好きにはたまらん映画館でした。
なんか、ノスタルジーいっぱいで、小学校が映画館として使われてるんだけど、タイムスリップした気になる雰囲気と、劇場の中も、昔行った小劇場の思い出が蘇る不思議な空間の中、この映画を観れたことは、本当によかったなと。

劇場によって、なんか違うように観えて、立誠はなんか青い感じの絵に感じました。
スクリーンの違いなのか、シネヌーボォxとは違う絵に感じたな。



タイムリーには更新できてないけど、この夏の一番の癒しでした。


そしてそして、がんばって、舞台挨拶も行っちゃいましたよ。

いつもの視聴覚室ではなく、しっかりした椅子のシネヌーボォの方。

ここの椅子、単館の中で2位かも。

1位は、シネ・リーブル梅田です。

もうねー、椅子は頭を包み込むぐらいまで背もたれがあっての椅子です。

この2館とも、バッチリです!

下手したら、癒されすぎて寝てしまうかもです。

この椅子、家に欲しい。


話が逸れた。


舞台挨拶のネタは、また。


この夏『どうしても触れたくない』に出会えてよかった。

結局!


ハマってるっていうー。