読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

記ログ

萌えとか、萌えとか、疑問とか。

『アイム ソー•エキサイテッド!』

予告で観ただけで、これはいかねば!しかも、ペドロ•アルモドバル!

むかーしむかしから好きな監督。

でも、ちょっと違う方面に現を抜かしてる間に、取り残されてました。

なんか今年は、映画を映画館で観たいと思い、ちょこちょこ足を運んでます。

で、これ。

雑誌などで、監督の新作を気にはしてたものの、ほぼほぼスルーしてました…

でも、大好物のゲイ映画!

よかった。

もちろん、3人のオネエ(←フライヤーでいう)の可愛さも癒されたのですが、アラフォー処女の役の人がこの映画を要所要所で引き締めてると思う。
しかも、雰囲気もかわいくって憎めない感じの女優さん。

エロい感じではなく、でもカラダの感じとかは、女性っぽさがあって、この映画の中では母性を表してる感じかなぁ、もちろん個人的見解ですが。

オネエに注目されがちな映画ですが、他の演者さん達もかなり濃くって、魅力満載。

オネエ様達ですが、三人三様のキャラクターで、みんなかわいい。

ちゃんと体型とかも考えてるかはわからないけどって、考えてるのは当たり前か、体型ごとの設定もバッチリで、もう、圧巻。

レビューとかネタバレはなしで、ふわっとした感想ですが、間に入るオネエ3人の「I'm So Excited」に乗せて踊るところは、ずっとニヤニヤして観てました。
あそこだけでも、も一回観に行きたくなるポイントかも。


映画って本当にいいもんですね。